/

この記事は会員限定です

ロボットが説く般若心経 AIは悩める人々を救うか

[有料会員限定]

宗教の現場で、人工知能(AI)を活用する試みが広がっている。ロボットが般若心経を説き、AIスピーカーで法話を流す。AIが人知を超えるシンギュラリティー(技術的特異点)が2045年にも来るといわれる。人々の悩みを受け止めてきた宗教は、AIと共存できるのか。模索する現場を訪ねた。

世界初のアンドロイド観音

豊臣秀吉の妻ねねが建立した京都・東山の高台寺。この春、世界初のアンドロイド観音「マインダー」が登場した。シリコンで作った顔...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1600文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

大久保 潤

カバージャンル

  • 沖縄問題(普天間問題と振興策)
  • 司法制度改革
  • 尊厳死(終末期医療)

経歴

沖縄関連では「幻想の島 沖縄」(日本経済新聞出版社)、「沖縄の不都合な真実」(新潮新書)、司法改革では「司法 経済は問う」(共著、日本経済新聞出版社)を出版。自治体や大学、経営者団体などでの講演会も多数。裁判員裁判導入、少年法改正、オウム事件、北朝鮮拉致問題などを担当。テレビ東京の「株式ニュース」でのキャスター経験も。外国人やLGBTとの共生や行政組織に縛られない民間主導の「新しい公共」に関心あり。現職は生活情報部シニアライター。

活動実績

2020年5月7日 立教大学と日経のコラボ科目「現代社会の課題とその関わり方入門」で「事実とは何か フェイクニュースの見分け方」をテーマにオンライン講義
2018年11月15日 鉄鋼メーカーの勉強会で「沖縄振興の現状と課題」をテーマに講演
2015年5月17日 新潟大学法学部「賢人会議」で「司法制度改革の本質」講演

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン