ロボットが説く般若心経 AIは悩める人々を救うか

2019/9/28 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

宗教の現場で、人工知能(AI)を活用する試みが広がっている。ロボットが般若心経を説き、AIスピーカーで法話を流す。AIが人知を超えるシンギュラリティー(技術的特異点)が2045年にも来るといわれる。人々の悩みを受け止めてきた宗教は、AIと共存できるのか。模索する現場を訪ねた。

■世界初のアンドロイド観音

豊臣秀吉の妻ねねが建立した京都・東山の高台寺。この春、世界初のアンドロイド観音「マインダー」が…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]