高浜町の元助役、原発誘致に注力 退職後も影響大きく
関電20人に3億2000万円

2019/9/27 12:36
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

人口約1万人の福井県高浜町で、1970年代以降に順次稼働を始めた高浜原発は地元の一大産業だ

人口約1万人の福井県高浜町で、1970年代以降に順次稼働を始めた高浜原発は地元の一大産業だ

関西電力の原子力発電所が立地する福井県高浜町で、元助役が同社幹部ら20人に計3億2千万円に上る多額の金品を提供していたことが判明した。人口約1万人の町で、1970年代以降に順次稼働を始めた原発は地元の一大産業。元助役はかつて原発誘致に力を注いでいたという。不透明な金品のやり取りに、町には困惑が広がった。

【関連記事】 長年の癒着、表面化 関電「誰が、いくら」明かさず

高浜町の元助役の男性は69年に町役場での勤務を開始。75年に収入役となり、77年から約10年にわたり助役を務めていた。

地元の関係者は「原子力発電所の誘致に尽力した」と話す。地元商工会の関係者も「昔から町内の有力者として知られていた。退職後も…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]