/

この記事は会員限定です

同性婚合憲への大きな一歩か

憲法のトリセツ

[有料会員限定]

女性同士のカップルが不貞行為で破局した場合も、男女の事実婚(内縁関係)に準じて損害賠償などを求めることができる。9月18日、宇都宮地裁真岡支部がこんな判決を出しました。その前提として、同性婚について「(憲法が)否定する趣旨とまでは解されない」と判断し、地裁レベルの判決にもかかわらず、大きな話題となりました。内容を詳しくみていきましょう。

絡まり合うたくさんの論点

この判決には、ひとつだけでも論争になる課題がたくさん含まれて...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2601文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

憲法改正をめぐるニュースが増えています。 憲法が果たす役割とは何でしょうか。今後どう改憲論議が進むのでしょうか。 このコラムでは実際の判例や歴史を交えて、憲法のわかりやすい「取扱説明書」をお届けします。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン