同性婚合憲への大きな一歩か
憲法のトリセツ

憲法改正
憲法のトリセツ
大石 格
コラム(経済・金融)
コラム(政治)
2019/10/2 6:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

女性同士のカップルが不貞行為で破局した場合も、男女の事実婚(内縁関係)に準じて損害賠償などを求めることができる。9月18日、宇都宮地裁真岡支部がこんな判決を出しました。その前提として、同性婚について「(憲法が)否定する趣旨とまでは解されない」と判断し、地裁レベルの判決にもかかわらず、大きな話題となりました。内容を詳しくみていきましょう。

■絡まり合うたくさんの論点

この判決には、ひとつだけでも論争…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]