/

この記事は会員限定です

エーザイ、企業価値高めるインドの秘薬(一目均衡)

編集委員 小平龍四郎

[有料会員限定]

インド東海岸、ベンガル湾に面した中堅都市ビシャカパトナム。通称バイザック。市内から車で1時間ほどの経済特区に、日本の製薬大手エーザイが工場を構えている。ここで製造されているリンパ系フィラリア症治療薬のDEC錠のことは、かねて多くの市場関係者から聞いていた。機会があれば見ておくべきだ、と助言をうけたこともある。

リンパ系フィラリア症は、蚊を介して小さな寄生虫が体内に入り込んで起きる病気だ。「象皮病」の俗称が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1676文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン