囲碁の余八段、関西棋院第一位を防衛(盤外雑記)

囲碁・将棋
2019/9/28 2:00
保存
共有
印刷
その他

囲碁の第63期関西棋院第一位決定戦の三番勝負が行われ、余正麒八段が挑戦者の渡辺貢規三段を2連勝で破って防衛した。余八段の第一位は3期連続3回目。この棋戦は関西棋院の所属棋士が挑戦手合い方式で戦っている。

日本将棋連盟は折田翔吾アマのプロ編入試験を11月から行うことを決めた。新四段5人との五番勝負(3勝で合格)で、第1局は11月25日に黒田尭之四段と、第2局は12月23日に出口若武四段と戦う。以降も月に1局ずつ行われる。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]