/

この記事は会員限定です

消える自販機、人手不足が直撃 10年で10万台減

[有料会員限定]

清涼飲料の自動販売機ビジネスが曲がり角を迎えている。地方の人口減少で台数が減っていることに加え、人手不足で商品補充などの人員を確保するのが難しくなりコストが高騰。値引き販売がない自販機の売り上げは飲料メーカーにとって稼ぎ頭だけに、IT(情報技術)投資などで効率化を急ぐ。各社は市場の構造的な変化への対応を迫られている。

1台当たりの販売量1割減

「この2年間で不採算の自販機を多数撤去した。これからは収益が見込める立地で(台数...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2028文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

「日経産業新聞」をお手元のデバイスで!

スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できるようになりました。最初の1カ月間無料で体験いただけます(初回限定)。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン