8月の国内建設受注、30.7%減

2019/9/27 11:27
保存
共有
印刷
その他

日本建設業連合会(東京・中央)が発表した8月の国内建設受注額(96社)は前年同月比30.7%減の7000億円だった。昨年は福島県で中間貯蔵施設の大型発注があった反動で国からの受注が減ったほか、非製造業の大型工事の先送りが影響した。ただ、「各社とも通期の受注見通しは変えておらず、年度を通せば前年並みに落ち着きそう」(日建連)という。

製造業からの受注額は前年同月比45.1%減の1060億円だった…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]