/

聖火リレー、公募に延べ53万件応募

2020年東京五輪で全国を巡る聖火リレーについて、大会組織委員会は27日までに、スポンサー企業4社と各都道府県実行委員会が行ったランナー公募に延べ53万5717件の応募があったと発表した。

 2020年東京五輪聖火リレーのランナー募集をPRする公式アンバサダーの野村忠宏さん(左から4人目)ら(6月、東京都内)=共同

聖火ランナーは公募、推薦などを合わせて約1万人が想定される。組織委は個別の応募件数は明らかにしていないが、兵庫、埼玉など3県の実行委で応募倍率が200倍を超えたという。各公募先がそれぞれの枠に応じて選考した候補者を組織委に推薦。組織委がランナーを決定し、今年12月以降に本人に連絡するとしている。

聖火リレーは20年3月26日に福島県からスタートし、7月24日に東京都でゴールする。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン