/

この記事は会員限定です

霞が関の「しばふ」と働き方改革(写真でみる永田町)

[有料会員限定]

深夜まで明かりが消えないことで有名な霞が関の省庁でも、近年は働き方改革が浸透しつつあります。取り組みが先行していると言われる総務省をのぞいてきました。

総務省の働き方改革の特徴はボトムアップ型です。課長、室長級以上の幹部は自ら「働き方宣言」を作り、職場に掲示しています。職場で宣言について意見交換もするそうです。

大臣官房の武藤真郷課長は「風通しのよい職場」や「多様な働き方」などを目指すと宣言しまし...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り413文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン