岡山芸術交流 27日開幕 現代アート、来場26万人狙う

2019/9/26 20:01
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

岡山城・後楽園周辺の文化施設などを会場にした現代アートの祭典「岡山芸術交流2019」が27日、岡山市内で開幕する。11月24日までの約2カ月(休館日除く51日間)の会期で内外から26万人の来場を見込む。2016年秋に初回を開催、3年ごとの開催を予定しており、今回が2回目。

岡山市や県、岡山商工会議所、地元の有力企業や放送局、石川文化振興財団など官民でつくる実行委員会が主催し、総事業費は4億7千万…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]