国連安保理に強い権限 決議に強制力、大国の一致前提
国際法・ルールと日本

国際法・ルールと日本
2019/9/27 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ニューヨークで開催中の国連総会では中東情勢が大きなテーマになっている。サウジアラビアの石油施設攻撃で米国・イラン間の緊張が高まったからだ。平和と安全に強い権限を持つ国連安全保障理事会の対応が注目されるが、過去に各国が一致して行動できたのはほんの一時期にすぎない。

安保理は国連憲章に基づき、平和と安全の維持に責任を負うと位置付けられる機関だ。「平和に対する脅威」を認定し、経済制裁や武力制裁を伴う決…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]