北海道、MaaSでモネ社と連携協定

2019/9/26 20:00
保存
共有
印刷
その他

北海道は26日、トヨタ自動車ソフトバンクなどが出資するモネ・テクノロジーズ(東京・港)と連携協定を結んだ。道は同社が手掛ける次世代移動サービス「MaaS(マース)」を活用して、道内の交通網整備や加速する人口減少、過疎化など地域の課題の解決を目指す。

連携協定を結んだ北海道の鈴木直道知事とモネ・テクノロジーズの宮川潤一社長(26日、東京都)

両者は同日、東京都内で締結式を開いた。モネ社は北海道安平町でスマートフォンアプリを使ったデマンドバス予約サービスを始めている。同社は2019年度中に旭川市や士別市で新たな取り組みを計画。今後は道内で自動走行の実験も検討している。

締結式に出席したモネ社の宮川潤一社長は「北海道は日本の課題が縮図のようにある。複合サービスで北海道らしいモデルを作りたい」と意気込んだ。鈴木直道知事は「全国のフロントランナーになる」と話した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]