医療費、18年度42・6兆円 2年連続増加で過去最高

2019/9/26 19:30
保存
共有
印刷
その他

厚生労働省が26日発表した2018年度の概算医療費は42.6兆円で、前年度に比べ0.8%増えた。増加は2年連続で、過去最高を更新した。75歳未満の医療費は0.2%減となった一方、75歳以上で2.4%増となったことが押し上げた。高齢化や医療技術の発達に伴い、今後も医療費は膨らむ見通しだ。

概算医療費は労災保険などを除いた費用で、医療費全体の98%に相当する。16年度にC型肝炎を治療する高額薬剤の薬価を引き下げたことなどで一時的に減少したが、17年度から再び増加に転じた。ここ数年は平均で年2%のペースで増加している。

今回は0.8%増と一見、伸び幅が緩やかになったように見える。ただ18年度の診療報酬改定で薬価を引き下げており、「(引き下げの)影響を考慮すれば例年の伸びと同程度で、高齢化や医療の高度化で医療費が増える基調に大きな変化は無い」(厚労省)という。

診療の種類別に見ると、薬代と薬剤師の技術料を合わせた「調剤」が薬価引き下げの影響で3.1%減となった。一方、「入院」や「歯科」などが増えた。1人あたりの医療費は同4千円増の33万7千円。75歳未満が22万2千円だったのに対し、75歳以上は4倍超の93万9千円だった。

厚労省が同日発表した17年度の国民医療費は16年度比2.2%増の43兆710億円で、同じく過去最高を更新した。国民医療費は概算医療費の確定値にあたり、保険診療対象外の費用や予防接種などを除く医療費の合算値。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]