茨城県知事就任2年 話題の施策で議会と対立も

2019/9/26 19:18
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

茨城県の大井川和彦知事が26日、知事就任から2年を迎えた。医師確保や企業誘致などを政策の柱に据えつつ、公認VTuberの起用やLGBT(性的少数者)のカップルを公認する制度など先駆的な取り組みも進めてきた。一方、公約に掲げた政策のなかには手つかずのものもあるほか、県議会との対立が起きるなど課題も少なくない。

就任当初から掲げてきた医師不足対策では県内5つの病院で計17人の医師が必要と算定した。優…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]