日本エアコミューター、奄美に訪日客呼び込む
越智健一郎社長に聞く

2019/9/26 18:58
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2020年夏の世界自然遺産登録を目指す奄美群島。インバウンド(訪日外国人)を含む観光客の増加が期待される半面、受け入れ体制など課題も少なくない。鹿児島空港を拠点に奄美群島への離島路線を展開する、日本エアコミューター(JAC)の越智健一郎社長に課題と戦略を聞いた。

――世界自然遺産の登録へどんな取り組みを考えていますか。

「遺産登録は世界で注目される。この機に奄美群島の魅力を国内外に発信したい。島…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]