航空・宇宙産業の研究拠点に 駅周辺で先進技術活用
リニアが来る 伊那谷の胎動(下)

2019/9/26 18:55
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

リニア長野県駅(仮称)予定地から、徒歩15分ほどの場所にある旧飯田工業高校跡地。下伊那地域の自治体で構成する南信州広域連合(飯田市)が3月、旧校舎を活用して産業振興と人材育成の拠点「S-BIRD(エス・バード)」を開設した。

「日本国内ではここにしかない航空・宇宙分野の検査装置があり、航空関係者がよく訪れる」。指定管理者として運営する南信州・飯田産業センターの市瀬智章事務局長はこう語る。「着氷試…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]