「中年の星」46歳・木村が新王位 将棋最年長初タイトル

囲碁・将棋
2019/9/26 18:52 (2019/9/26 20:09更新)
保存
共有
印刷
その他

将棋の第60期王位戦七番勝負の第7局は25~26日、東京都千代田区で指され、後手の挑戦者、木村一基九段(46)が豊島将之王位(29)を破り、対戦成績4勝3敗でタイトルを奪取した。木村新王位は46歳3カ月で悲願の初タイトルを獲得、有吉道夫九段の37歳6カ月(棋聖)を大幅に上回り初タイトルの最年長記録を46年ぶりに更新した。

感想戦で笑顔を見せる木村一基新王位(26日、東京・千代田の都市センターホテル)

感想戦で笑顔を見せる木村一基新王位(26日、東京・千代田の都市センターホテル)

木村新王位は終局直後、「うれしいです」と喜びを語った。新王位は「千駄ケ谷の受け師」の異名をとる人気棋士で、40代になっても初タイトルを目指して奮闘を続け、「中年の星」として注目を集めていた。

過去6度挑んだタイトル戦では、2009年の王位戦で3連勝後に4連敗するなど、あと一歩で涙をのんできた。羽生善治九段(48)が無冠となる一方で藤井聡太七段(17)ら若手が台頭するなか、7度目の挑戦で初の栄冠をつかんだ。

豊島前王位は名人の1冠に後退した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]