JR東、仙台市内に賃貸住宅 首都圏以外で初

2019/9/26 18:46
保存
共有
印刷
その他

JR東日本仙台支社とJR東日本のグループ会社のジェイアール東日本都市開発(東京都渋谷区)は26日、首都圏以外では初となる賃貸住宅を仙台市内に建設すると発表した。1~2階は生活サービスなどのテナントが入居する12階建ての複合ビルで、9月に着工している。完成は2021年3月になる見通し。

JR東北本線、常磐線、仙台空港アクセス線、仙台市営地下鉄南北線の4路線が通る長町駅から徒歩1分で、JR東が所有する土地に建設する。総事業費は28億円。賃貸住宅は単身からファミリー層まで入居できるよう1Kから3LDKまで全90戸をそろえる。仙台支社の坂井究支社長は「住宅着工が増えている長町駅直結の複合ビルなので、成功させて活性化させたい」と語った。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]