私募債で企業の福利厚生支援 伊予銀が物品補助

2019/9/26 18:42
保存
共有
印刷
その他

伊予銀行は26日、取引先企業の福利厚生の充実を支援する私募債の取り扱いを始めると発表した。同行が社債発行企業から受け取る手数料の一部を活用し、職場環境改善のための物品購入を補助する。同行は「従業員の福利厚生の充実を目指す企業を応援し、活力のある地域社会の実現を目指す」としている。

伊予銀の福利厚生応援私募債「会社の未来」は10月1日付で取り扱いを開始する。空気清浄機やコーヒーサーバー、防災備蓄用品といった物品の購入補助を想定する。同行によると、同様の私募債の導入は四国の地銀で初めて。

また伊予銀は26日、SDGs(持続可能な開発目標)に積極的に取り組む企業の金利を優遇する私募債の取り扱いを10月1日から始めると発表した。同行は2019年7月にSDGs宣言を発表するなど取り組みを強化している。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]