よみがえる中国の「領袖」 習主席のよりどころ
中国70年目の試練(4)

ルポ迫真
習政権
2019/9/26 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

夏の太陽がさんさんと降りそそぐ中国甘粛省のゴビ砂漠。その端っこに位置する人口16万人の高台県に、国家主席の習近平(シー・ジンピン、66)が突然、姿を現したのは8月20日の午後だった。

「紅色の政権、新中国、そして中国の特色ある社会主義は決して簡単になし遂げられたものではない」。街の中心にある「西路軍記念館」を訪れた習はこう訴え、次のように続けた。「党、紅軍、西路軍の物語を語り継ぎ、紅色の遺伝子を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]