/

高知県民6割「幸福」、土佐経済同友会が調査

幸福度を数値化した独自指標「高知県民総幸福度」を提唱する土佐経済同友会は、県民の6割が幸福だと感じているとする調査結果をまとめた。同友会は「県肝煎りの産業振興計画の効果で、経済的に困らない生活を送っていると実感する県民が増えている」と分析している。

調査は2016年以来で4回目。7月に調査し、県内在住の15歳以上の4078人が回答した。

今回初めて幸福度を10段階評価で尋ねた。さらに10段階のうち「7~10」を幸福、「4~6」を普通、「1~3」を不幸と区分けしたところ、回答者の57.7%が幸福に該当した。普通は36.6%、不幸は5.7%だった。幸福度は男性よりも女性が高い。

16年調査と同様、子育てや就労、生活環境など日々の暮らしぶりを5段階評価で聞いたところ、「経済的に困らない」の平均値が3.49と前回から0.61ポイント改善した。同友会は調査を受け、指標を県政などに反映させたいとしている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン