長野・軽井沢町、23年外国人宿泊者 30万人目標

2019/9/26 19:30
保存
共有
印刷
その他

長野県軽井沢町と軽井沢観光協会は26日、持続的な外国人誘客に向けた「軽井沢インバウンドビジョン」を公表した。2023年に外国人延べ宿泊者数を17年比69%増の30万人にすることを目指す。上田市など県内市町村と連携し、広域観光をPRする。花や木の植栽やスポーツ施設の新設など、新たな観光スポットの創出を目指す。

同町は台湾などからの観光客が多いが「東アジアからの誘客は成熟市場」と分析。一方で「欧米の若者からの知名度は低い」(町観光経済課)として、開拓の余地があるとみる。北米からの延べ宿泊者は23年に17年比11倍の2万人、欧州は12倍の1万人、オセアニアは9倍の1万人にすることを目指す。

桜や紅葉、花の植栽などで新たな観光スポットを設けることも定めた。スポーツツーリズムにも注力し、レールバイクや電動自転車の導入、スケートボードパークの設置などを検討する。現状では雲場池など一部の観光地に観光客が集中しているため、分散を図る。外国人客は夜遅くまで活動することから、北陸新幹線軽井沢駅の終電時間まで対応可能な観光案内所の設置も検討する。

観光客が押し寄せて住民生活が損なわれるオーバーツーリズムの対策も盛り込んだ。「まだ町はオーバーツーリズムではない」(同)としつつも、将来は対策が必要になるとみて車両乗り入れ規制や新たな2次交通などを検討するとした。

町によれば、観光客の半数以上が夏に訪れるが、外国人は冬も訪れる。インバウンド集客を強化することで通年営業の店を増やし、雇用の拡大などにつなげる。

町が同日発表した19年7~8月の観光客数は前年同期比7%減の357万人。観光消費額は9%減の98億円だった。お盆の時期に天気が悪かったことなどが原因とみている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]