[FT]集団思考が生み出す悲劇

ギデオン・ラックマン
FT
FT commentators
2019/9/26 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ロシアは、リベラリズムを重視してきた国とは到底いえない。だが先日、旧ソ連の偉大な作家ワシーリー・グロスマンが、「リベラル」の理想的な考え方について記述している作品に出合った。それは、これまで私が接した中で最も示唆に富む理想的なリベラルに関する著述の一つだった。右派も左派も今、とりつかれたように「集団の権利」を叫んでいるが、「個人の尊重」こそが何よりも大切だと説いたグロスマンの言葉は、この作品が書…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

ギデオン・ラックマン

FT commentators

チーフ・フォーリン・アフェアーズ・コメンテーター

Gideon Rachman 英国生まれ。英BBCや英エコノミストなどを経て2006年FTに入社。同年、現在の外交関係の論評責任者に。2016年政治分野のジャーナリストとして英オーウェル賞を受賞。著書に「Easternization」(2016年)などがある。

    ソーシャルアカウント:

FT commentators

電子版トップ



[PR]