琉球銀、キャッシュレス決済支援で新部署

消費税10%
2019/9/26 17:30
保存
共有
印刷
その他

琉球銀行は10月1日付で営業統括部のペイメント事業推進室を部として独立させ、ペイメント事業部を新設すると発表した。推進室は同行が重点分野と位置づけるキャッシュレス決済の支援ビジネスを手掛けている。組織の独立によって意思決定を早めるとともに人員も強化する。

同行のキャッシュレス決済支援は、地域の金融機関や企業・団体を通じてクレジットカードなどの加盟店を募集し、決済額に応じて加盟店から手数料を得る仕組み。独自開発の決済端末により導入費を安くし、加盟店を増やしている。10月の消費増税に伴う国の補助制度を活用すれば、加盟店の端末導入費がゼロになることもあり、引き合いが増えている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]