セブン、店舗電力を全て再エネにする実験 神奈川の10店で

2019/9/26 17:00
保存
共有
印刷
その他

セブン―イレブン・ジャパンは26日、店舗運営で使う電力を全て再生可能エネルギーでまかなう実証実験を始めた。店舗や一般家庭での太陽光発電による電力を活用し、二酸化炭素(CO2)排出量を削減する。横浜市や川崎市など神奈川県内6市の計10店で順次実施する。実証実験の状況を分析し、他の店舗に拡大できるか検討する。

店舗の屋根に取り付けた太陽光パネルで発電する

神奈川県内の10店で実験を行う(横浜市緑区内の店舗)

実験は日産自動車やカネカなどと連携する。カネカが開発したパネル両面で発電できる高性能の太陽光パネルを店舗の屋根に設置し、発電した電力を使う。日産自動車の電気自動車(EV)「リーフ」から回収したバッテリーを使った蓄電器に一部を蓄えて夜間なども利用する。発電でまかなえない電力は一般家庭が太陽光発電した電力の供給を受ける。蓄電池を活用し、災害時に地域の非常用電力の供給拠点にすることも検討する。

セブン&アイ・ホールディングスは店舗運営に伴うCO2排出量を2030年に13年度比30%削減、50年に同80%以上削減する目標を掲げている。26日に横浜市緑区の店舗でテープカットに臨んだ同社の井阪隆一社長は「大きなチャレンジへの第一歩になる」と述べた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]