パラスポーツで磨く日本の技術 永松陽明氏
横浜市立大学准教授(技術経営論)

私見卓見
2019/9/27 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東京パラリンピックに向けて選手を支える用具開発が活発になっている。陸上競技のスポーツ義足開発には新規参入が相次ぐ。レースやテニス用の車椅子を開発する企業の取り組みは数多く報道されている。せっかく生まれた機運だ。五輪閉幕でしぼませたくない。

私がかかわる日本財団パラリンピックサポートセンターパラリンピック研究会では昨年から今年にかけて、パラスポーツの用具開発について実態調査した。回答した企業・組織…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]