水産資源の危機、日本の投資家にもリスク 英シンクタンク創設者に聞く

金融最前線
志田 富雄
2019/9/26 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ESG(環境・社会・企業統治)投資の分野で英金融シンクタンク、カーボン・トラッカーは大きな影響力を持つ。投資家に温暖化に伴うさまざまなリスクを示し、企業との対話や投資に変化をつけることで持続可能な成長をめざす組織だ。

その創設者であるマーク・カンパナーレ氏が森や水、食糧問題などに着目したプラネット・トラッカーを共同で昨年設立。今月にはマルハニチロや三菱商事など日本の水産関連41社とそこに投資する…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]