/

この記事は会員限定です

跡地の有効利用課題に 伊勢丹相模原店30日閉店

[有料会員限定]

伊勢丹相模原店(相模原市)が30日に閉店する。最終セールも相まって、小田急線相模大野駅前の店には従来の倍以上の人が訪れている。相模原市では、唯一の百貨店の撤退で市内の集客力が低下し、隣駅の同線町田駅(東京都町田市)など隣接する町田市側に消費が流出するとの懸念が広がる。集客力を維持するには跡地の有効利用が課題になる。

閉店までわずかとなった3連休初日の21日、同店は多くの人であふれた。各店舗には赤い...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り800文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン