オリパラ考

フォローする

大会後のレガシーは…オリパラの明と暗
編集委員 北川和徳

Tokyo2020
2019/9/27 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2020年東京五輪の開幕まで300日余りとなった。莫大な資金を投じて開催する五輪とパラリンピックは、日本にどんなレガシー(遺産)を残すのか。プラスとマイナス、明と暗をあらためて考えてみる。

いまさらどうにもならないが、大会に向けた競技施設の整備について評価できることはほとんどない。新国立競技場をはじめ、五輪が終わればフルに活用することは難しい過剰施設に巨額の公金を投じた。

東京の都市機能の強化、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

五輪関連コラム

パラリンピック関連コラム

電子版トップスポーツトップ

オリパラ考 一覧

フォローする
奥原は五輪への強い思いをまったく隠さない=共同

 今年もバドミントンの全日本総合選手権を取材した。圧倒的な成績を続ける男子シングルスの桃田賢斗のプレー、世界選手権決勝の再現となった女子ダブルスの永原・松本組と福島・広田組の対決など見どころは多かった …続き (12/6)

ハンドボールの登録競技者は約10万人。そのうち7万人以上を中学生と高校生が占める=共同

 スポーツ庁と日本ハンドボール協会がコラボしてスポーツを使った新しいビジネスの立ち上げを目指している。ハンドボールの現場(試合、選手、競技施設など)で展開するサービス・商品のアイデアを企業から募集、優 …続き (11/29)

7月の競泳の世界選手権では、ドーピング疑惑にある孫楊(中国、左から2人目)と表彰式で並ぶのを拒否した選手もいた。=AP

 深刻化するドーピングが東京五輪・パラリンピックに暗い影を落としている。世界反ドーピング機関(WADA)はロシアへの新たな処分案を12月9日に審議すると発表した。処分が下れば2016年リオデジャネイロ …続き (11/22)

ハイライト・スポーツ

[PR]