オリパラ考

フォローする

大会後のレガシーは…オリパラの明と暗
編集委員 北川和徳

Tokyo2020
2019/9/27 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2020年東京五輪の開幕まで300日余りとなった。莫大な資金を投じて開催する五輪とパラリンピックは、日本にどんなレガシー(遺産)を残すのか。プラスとマイナス、明と暗をあらためて考えてみる。

いまさらどうにもならないが、大会に向けた競技施設の整備について評価できることはほとんどない。新国立競技場をはじめ、五輪が終わればフルに活用することは難しい過剰施設に巨額の公金を投じた。

東京の都市機能の強化、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

五輪関連コラム

パラリンピック関連コラム

電子版トップスポーツトップ

オリパラ考 一覧

フォローする

 スポーツの取材を長く続けてきたが、最近のテレビのスポーツ中継の多さには驚かされる。現在は野球のプレミア12が開催中。10日までは卓球のワールドカップ、7日にはボクシングの井上尚弥対ノニト・ドネアの世 …続き (11/15)


 東京五輪のマラソンと競歩の開催地が約800キロメートル離れた札幌に変更された。東京の酷暑を心配した国際オリンピック委員会(IOC)が決定したもので、事前に東京都への相談はいっさいなかった。小池百合子 …続き (11/14)

 東京五輪のマラソンと競歩が札幌で開催されることが正式に決まった。レース当日に札幌が確実に東京より涼しくなるとは限らないが、選手や観客、ボランティアの健康を考慮すれば条件は良くなった。だが、安全につい …続き (11/8)

ハイライト・スポーツ

[PR]