/

この記事は会員限定です

電動キックボード活用拡大 実証実験やシェアサービス

[有料会員限定]

モーターを内蔵して自走する「電動キックボード」を、手軽な移動手段として普及させる試みが、首都圏の官民で広がっている。千葉市はこのほど公道での実証実験を開始。埼玉高速鉄道は駅を拠点としたシェアサービスを始めた。公道で使用するには原付免許が必要だが、今後の規制緩和もにらみながら幅広い利用方法の模索が始まっている。

電動キックボードは「電動キックスケーター」とも呼ばれる1人乗り移動手段の一つ。欧米では専...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り996文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン