リーダーが10人 ラグビー日本の意思決定力
ラグビーW杯協奏曲(1)

ラグビーW杯
ラグビーW杯協奏曲
2019/9/30 2:00 (2019/10/1 2:00更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

スポーツの歴史を振り返っても、今のラグビー日本代表は珍しい特長がある。「〇〇(監督名)ジャパン」という愛称がつき、「監督」の存在感がクローズアップされがちな日本にあって、「選手自身で動かすチーム」を目指してきたからである。9月28日に行われたワールドカップ(W杯)日本大会の2戦目、アイルランド戦は、それが問われる試合だった。

【次回記事】 君が代も練習 多国籍代表の緻密なラグビー

前回大会から日本を率いる主将のリーチ・マイケル。W杯で初めて先発を外れ、ベンチからの出場となった。従来の日本代表ではあり得ない、異例の決断である。

■アイルランド戦、主将不在でも揺るがなかった組織

アイルランドを破り、逆転トライを決めた福岡は抱き合って喜ぶ

アイルランドを破り、逆転トライを決めた福岡は抱き合って喜ぶ

W杯のような大舞台で主将を外すことは、サッカーなど他競技の日本代表でもめったにない。特にラグビーでは監督が試合中に出せる指示は限られており、主将は「グラウンド上の監督」とも言える立場。本来なら意思決定に支障を来すこともあり得る、リスクのある決断だった。

主将不在で臨んだアイルランド戦。日本の組織は揺るがなかった。代理の主将を務めた南アフリカ出身、ピーター・ラブスカフニを皆で支えたからだ。リーダー陣の一人、稲垣啓太は言う。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]