富士フイルム、ペプチドの開発・製造を受託

ヘルスケア
2019/9/26 13:55
保存
共有
印刷
その他

富士フイルムは26日、ペプチド(たんぱく質の断片)の開発・製造受託サービスを10月1日から始めると発表した。ペプチドは医薬品や機能性食品、化粧品などに使われ、需要が伸びている。富士フイルムは複雑な構造で純度が高いペプチドを効率的に生産する技術を持っており、製薬会社や食品メーカー、大学などからの受注を目指す。

ペプチドはアミノ酸が結合したもので、一般的に天然アミノ酸を組み合わせて合成する。複雑な構造を持ったペプチドの合成は難しく、ペプチドの純度を高める精製工程は作業負荷が大きい。さらにバイオマテリアル(生体材料)などの先端研究では、非天然アミノ酸を結合する取り組みが増えており、ペプチド合成の難易度が高まっている。

富士フイルムは化学合成や解析技術を活用し、少量多品種の生産に適した製造手法を持つ。また大量生産に適した製造手法も開発し、精製工程の大幅な短縮が可能になった。

子会社の富士フイルム和光純薬を通じて、ペプチドの開発から製造までを受託するサービスを提供する。将来はペプチドを使った医薬品候補化合物にも対応するため、製造・品質の管理基準であるGMPの認証を取得した製造設備の整備を検討する。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]