/

この記事は会員限定です

リーチ主将の兄貴分、合宿の聖地に遺す財産

ラグビーW杯協奏曲(4)

(更新) [有料会員限定]

2016年11月。ラグビーワールドカップ(W杯)日本代表の主将、リーチ・マイケル(30)は母親と子供を連れてラグビー合宿の聖地、長野県の菅平高原をふらりと訪れた。疲労とモチベーションの低下を理由に、日本代表を外れ、来日して最大ともいえる挫折感を味わっていた時のことだ。

リーチ・マイケルの故郷

リーチの母校、東海大学ラグビー部は2001年から、菅平で約2週間の夏合宿を張ってきた。菅平はリーチのラグビー人生の故郷(ふるさと)の一つといえる。

この時、懐かしい「兄貴分」に顔を見せている。東海大の夏合宿の定宿、菅平高原温泉ホテル社長の桑田雅之(47)だ。

桑田は10代の頃からリーチを見守ってきた。「筋骨隆々の留学生のイ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2901文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ラグビーW杯協奏曲

ラグビーW杯日本大会が開幕した。スパルタ教育で規律を身につけ、強豪・南アを倒した前大会から4年、自主性を重んじるジョセフHCの下、海外出身者が5割を占めるサムライたちは多様性も力にかえ、自律したチーム・ジャパンを作り上げている。サッカーW杯、五輪に次ぐ「世界3番目のスポーツイベント」をてこに、かつての人気を取り戻そうと草の根的な動きも活発化。清宮克幸はプロリーグ構想を掲げる。それぞれの思いをむねに、ラガーマンたちが走り始めた。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン