飛行禁止12施設で記載ミス 改正ドローン法で防衛省

2019/9/26 13:00
保存
共有
印刷
その他

防衛省は26日、小型無人機ドローンによる自衛隊施設上空などの飛行禁止を盛り込んだ改正ドローン規制法を巡り、6月に無許可での飛行を禁止する対象に指定した13施設のうち12施設で、官報で告示した図面や文面の内容に誤りがあったと発表した。確認不十分など人為的ミスが原因。いずれも飛行が規制される範囲に影響はないという。

防衛省の管理外の公道や私有地を同省の管轄として記載するなどしており、内部の指摘で発覚した。同省の担当者は「重く受け止める。確認を徹底し、再発防止に努める」としている。

同省では地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」配備計画を巡る調査資料でもミスが相次いだ経緯がある。

これとは別に防衛省は26日、航空自衛隊入間基地など新たに自衛隊の14施設の周辺地域上空を飛行禁止対象に指定し、公表した。在日米軍基地は含まれていない。1週間の周知期間を置いて10月3日以降、対象施設の上空は取材目的を含めて無許可での飛行が禁止される。

〔共同〕

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]