ソフトバンクも端末半額広告停止 消費者庁の指摘で

2019/9/26 12:58
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ソフトバンクは26日、携帯端末代金を4年間の分割払いで実質半額にするとうたった販売プランの広告を停止する方針を固めた。デジタル広告を26日に停止し、テレビCMは28日にも停止する。総務省や消費者庁から「最大半額」などとうたう広告が消費者に誤解を与えかねないとの指摘を受け、見直しを決めた。

ソフトバンクは13日から順次、端末販売の新プログラム「半額サポート+(プラス)」の提供を始めた。同プログラム…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]