日米、首の皮一枚の自由貿易 対象絞った「ミニ合意」
本社コメンテーター 菅野幹雄

日米首脳会談
菅野 幹雄
北米
本社コメンテーター
Nikkei Views
2019/9/26 11:20
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

トランプ氏は「米国の農家にとっての勝利だ」と述べた(25日の署名式)

トランプ氏は「米国の農家にとっての勝利だ」と述べた(25日の署名式)

安倍晋三首相とトランプ米大統領が合意した日米貿易協定は、意外にも2国間の取引(ディール)を振り回すトランプ流の通商政策が成果を表す最初の例になる。対象を絞る「ミニ合意」は功を急ぐトランプ政権への格好の助け舟だが、多国間の枠組みに基づく世界貿易ルールを傷つけるリスクもある。首の皮一枚の自由貿易体制をどう守るかが、日本の宿題だ。

【関連記事】 日米貿易協定締結で合意 両首脳、共同声明に署名

「署名式」はまるでトランプ大統領の選挙向けPRの場だった。対日関税が下がり、カナダや欧州連合(EU)への劣勢が解消する。米国が環太平洋経済連携協定(TPP)を一方的に離脱して始まった苦境を脱出できる米農家は、日米首脳への謝意を相次ぎ口にした。

「米国の農家にとっての勝利だ」(トランプ大統領)

「ウィンウィンの合意だ」(安倍首相)

両首脳の自画自賛とは裏腹に、日米が到達したのは限定的な「ミニ合意」だ。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

菅野 幹雄

本社コメンテーター

世界経済・米欧政治

東京、ベルリン、ロンドンで経済・政治を取材。脱デフレの財政・金融政策、ユーロ危機やEU動乱を報じた。18年春からはワシントンで「トランプの米国」が揺さぶる世界秩序の変貌を追う。著書に「英EU離脱の衝撃」。

    ソーシャルアカウント:

本社コメンテーター

電子版トップ



[PR]