/

この記事は会員限定です

市場の警戒、弾劾より「ウォーレン大統領」

米州総局 宮本岳則

[有料会員限定]

米国株式市場はウクライナ疑惑を巡るトランプ大統領の弾劾リスクをいったん織り込んだようだ。ダウ工業株30種平均は25日、上げ幅が一時、200ドルを超え、前日の下げをあっという間に取り戻した。もっとも市場参加者が弾劾問題を全く無視しているわけではない。実は関連して新たな心配ごとが浮上している。米民主党「ウォーレン大統領」実現のリスクだ。

「24日の下げの半分はエリザベス・ウォーレン上院議員の支持拡大を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1132文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン