9/25 20:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: ワタミ、劣後ローン30億円調達 居酒屋の3割業態転換[有料会員限定]
  2. 2位: 年金運用もESG重視 金融機関、商品を拡充[有料会員限定]
  3. 3位: 上場企業の減損、過去最大4.2兆円 20年3月期[有料会員限定]
  4. 4位: 日経平均終値、116円高の2万3204円 配当狙いの買いも
  5. 5位: 住友不動産、「丸の内」に劣らぬビル賃貸の稼ぐ力[有料会員限定]

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,204.62 +116.80
日経平均先物(円)
大取,20/12月 ※
23,030 +110

[PR]

マーケット > 海外 > NY特急便 > 記事

NY特急便

フォローする

市場の警戒、弾劾より「ウォーレン大統領」
米州総局 宮本岳則

2019/9/26 6:45
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米国株式市場はウクライナ疑惑を巡るトランプ大統領の弾劾リスクをいったん織り込んだようだ。ダウ工業株30種平均は25日、上げ幅が一時、200ドルを超え、前日の下げをあっという間に取り戻した。もっとも市場参加者が弾劾問題を全く無視しているわけではない。実は関連して新たな心配ごとが浮上している。米民主党「ウォーレン大統領」実現のリスクだ。

「24日の下げの半分はエリザベス・ウォーレン上院議員の支持拡大…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

ニューヨーク市場の動き

電子版トップマーケットトップ

NY特急便 一覧

フォローする

読まれたコラム