ラグビー

日本、ボール感覚にズレ 「練習球より小さく感じる」

ラグビーW杯
2019/9/25 23:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ラグビーW杯初戦のロシア戦でキックミスが多かった日本代表について、「ボールの微妙な感覚の違いも影響したようだ」とチーム関係者が話している。試合時のボールのサイズが練習時より僅かに小さく感じたという主張である。メーカー側は「全てのボールは同じ工場で同一規格で作っている」としている。

公式球「シリウス」は英ギルバート社製。日本は昨秋から試合などで使ってきた。チーム関係者によると、ロシア戦の前後、数人…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップスポーツトップ

ラグビー 一覧

トップチャレンジリーグの清水建設戦で突進する近鉄のトンプソン(ヤンマーフィールド長居)=共同

 ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会で史上初の8強に入った日本代表のロック、トンプソン・ルーク(近鉄)が17日、大阪市のヤンマーフィールド長居で、W杯後初の公式戦となるトップチャレンジリーグの清 …続き (17日 22:18)

 ラグビーの関東大学リーグは16日、東京・秩父宮ラグビー場などで3試合が行われ、リーグ戦で東海大が流通経大に26―21で勝って6戦6勝の勝ち点24とし、1試合を残して2年連続9度目の優勝を決めた。流通 …続き (16日 19:07)

南アフリカ戦の前半、倒れながら姫野(左)にパスを出すリーチ。パスの回数と正確性で日本は全チーム中、トップだった

 多彩な攻撃パターンからトライを奪える。多くのパスを正確に届けられる――。今回のワールドカップ(W杯)で初の8強に進んだラグビー日本代表の特長は、数字にも表れていた。
 データ会社STATS社と国際統括 …続き (15日 3:00)

ハイライト・スポーツ

[PR]