自動運転、走行試験も「仮想」の時代に

スタートアップ
自動車・機械
2019/9/25 22:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

自動運転システムの開発でコンピューターシミュレーションによる「仮想の走行試験」をビジネスにするスタートアップが出てきた。これまで同試験はゼネラル・モーターズ(GM)など資金力のある大手が自前で手掛けてきたが、中小にも活用の道が開ける。後発企業でも自動運転車の精度を高めやすい環境ができつつある。

シリコンバレーのスタートアップ、「アプライド・インテュイション」が4000万ドル(約43億円)をこのほ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]