トランプ氏、早期成果を優先 対日協定を特例発効へ

2019/9/25 20:09
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ニューヨーク=河浪武史】トランプ米政権は日本と結ぶ貿易協定で、特例措置を発動して2019年中の早期発効を目指す。議会への通知や承認などの手続きを省いて、20年の大統領選前に農畜産品の対日輸出を早期に増やす狙いだ。北米自由貿易協定(NAFTA)に代わる新協定よりも先に発効する見込みで、トランプ大統領にとっては通商分野での実質的な最初の成果となる。

トランプ氏は24日、国連総会での演説で「安倍晋三…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]