/

この記事は会員限定です

スープ市場に気候変動の波? 冷製が存在感増す

食の進化論 編集委員 吉田忠則

[有料会員限定]

日ごとに秋の気配が深まる中、季節の移り変わりに応じて食の風景も変化する。缶スープもその一つで、温かい缶を手にしたくなる季節がそろそろ近づいてきた。とても身近なこの商品が、じつは気候変動の影響をじわりと受け始めた可能性がある。

缶スープでトップシェアを持つポッカサッポロフード&ビバレッジが設置している自動販売機の場合、9月下旬から10月中旬にかけて、冷たい商品から温かい商品への切り替えが様々な飲料で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1394文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

食の進化論

農政から先進農家、スマート農業、植物工場、さらにカリスマシェフや外食チェーンなど「食と農」に関するテーマを幅広く取材してきた。著書に「見えざる隣人」「農は甦る」「コメをやめる勇気」「農業崩壊」。中国の駐在経験も。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン