「改憲、候補者から世論喚起」 下村選対委員長に聞く

憲法改正
2019/9/26 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

自民党の下村博文選挙対策委員長は25日、日本経済新聞のインタビューで、安倍晋三首相(党総裁)の目指す憲法改正に向けて「改憲議論に積極的に取り組むよう、全国の自民党候補者に促していく」と述べた。候補者に直接働きかけ、全国で世論を喚起する狙いがある。党四役が一丸となってあたると表明した。

「国政選挙の候補者本人が改憲議論に正面から取り組むことが国民の理解の促進につながり、党の支持層の拡大にもなる」と…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]