/

この記事は会員限定です

岡山芸術交流 瀬戸内芸術圏を志向 石川総合Pに聞く

[有料会員限定]

27日開幕する「岡山芸術交流2019」。開催にどんな思いが込められているのか。カジュアル衣料大手のストライプインターナショナル(岡山市)の社長で、3年前の初回に続いて総合プロデューサーを務める石川康晴氏に聞いた。

――本業の軸足を東京に移し、多忙の中で現代美術の「岡山芸術交流」を盛り上げようとするのはなぜですか。

「岡山で生まれ、学び、起業し25年がたった。創業から5年は主に岡山で活動し、本当に苦...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1658文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン