R&I、シャープを格上げ

2019/9/25 20:30
保存
共有
印刷
その他

格付投資情報センター(R&I)は25日、シャープの発行体格付けを従来の「ダブルB」から「ダブルBプラス」に引き上げたと発表した。「コスト競争力・商品開発力を支えに全体の収益力の安定性が高まり、中期的に資本の拡充が進む公算が大きくなっている」と判断した。

一方、需要の変動が大きい事業が多く、大型液晶パネルを手掛ける持ち分法適用会社や買収したパソコン事業などが懸念として残るとして「財務基盤への注意は怠れない」ともした。格付けの方向性は「安定的」。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]