おっさんず起業に株式市場がラブ 意外な高評価の理由

2019/9/26 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

スタートアップ企業の創業者といえばTシャツが似合う20代の爽やかな若者。そんなイメージはないだろうか。ところが最近では30代後半から50代の起業も活発だ。過去2年弱の間に新規株式公開(IPO)したスタートアップを日本経済新聞が調査したところ、そんな「おっさん」たちが率いる企業は市場の評価が高いことが判明した。知られざる「おっさんず起業」の実態を追う。

■時価総額で若手起業家を圧倒

日本経済新聞は2…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]