マツダ、初の量産型EV 10月公開

モーターショー
2019/9/25 18:13
保存
共有
印刷
その他

マツダは25日、10月下旬に開かれる東京モーターショーで同社初となる量産型電気自動車(EV)を世界で初めて公開すると発表した。発売は2020年の見込み。マツダはトヨタ自動車とEV開発で協力しているが、今回の量産車はすべて自社開発したモデルとなる。

初の量産型EVを公開することをリリースした

小型車「マツダ3」を第1弾とする「新世代商品群」で、第3弾の位置づけとして市場に投入する。

マツダはこれまでも20年までに自社開発のEVを発売すると公表していた。EVを台数限定で法人向けにリース販売をしたこともあったが、量産は初めて。

19年にノルウェーでEV試作車の試乗会を開いた実績がある。同試作車は欧州で9月から販売している新型SUV「CX-30」をベース車にした。(岡田江美)

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]