アイリス、ドラム式洗濯機に本格参入

2019/9/25 18:12
保存
共有
印刷
その他

アイリスオーヤマ(仙台市)は25日、ドラム式洗濯機に本格参入すると発表した。部屋干しを想定し、銀イオンと温水を併用して除菌力を高めたほか、乾燥時間を短く済むようにした。国内でドラム式洗濯機の相場は20万円前後だが、乾燥機能をなくすことで容量8キログラムで価格を税別12万8000円に抑えた。

アイリスが10月10日から発売するドラム式洗濯機

日本で設計・開発し、生産は中国の協力工場に委託した。10月10日に国内の家電量販店やホームセンター、ネット通販で発売する。ターゲット層は共働きや単身世帯。1年間で5万台の販売を目指す。

今回発売するドラム式洗濯機は、洗濯やすすぎの時の水道水に銀イオンカートリッジを通過させる。最終のすすぎを40~60度の温水にすることで除菌効果を高めている。

温水の効果で洗濯後の乾燥時間も常温の時と比べ3分の2に短縮できる。

共働きや単身世帯では洗濯物を部屋干しすることが増えているが、乾燥にかかる時間や、生乾きの臭いが課題となっている。同社は消費者のニーズに応え、ドラム式洗濯機の市場開拓を狙う。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]