/

山形の4信金、「通帳レス」システム導入

山形県内の信用金庫が「通帳レス」システムの導入を始めた。スマートフォンにアプリをインストールした利用者は、紙の通帳を廃止してスマホのみで閲覧する。パソコンは利用できず、スマホで過去2年分の取引を確認する仕組み。通帳でも確認したい人も併用できるが、入出金明細は直近の10取引となる。

米沢、鶴岡、新庄の各信金はすでに導入し、山形信金は11月から始める。全国組織であるしんきん共同センターの新機能を全県で取り入れることにした。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン